【report】ヴォランティア徒然日記

皆さま😴 本日はIELTS試験のお勉強とネットワーキングとお勉強を兼ねたヴォランティアの旅へテクテク。学校にテクテク向かう途中、公園作り(花壇)ヴォランティア仲間に再会し、「今日は仲間に手伝いに来てもらってるんだ」。Jinkochan今同じ境遇にある仲間にすぐメールし、お勉強会で再会、ありがとう☺️

今日の先生は、国連研究所の社会開発の先生。お勉強会ではネイティブの英語に緊張しながら、ヴォランティア先のNGOが要とするプロジェクト、ジェンダーの問題を解決するには国連内のどのアクターと繋がれば良いのか質問させて頂きました。キーワードはUN Women、bankbook、UN system、UNDP、UNICEF、UK。今後のファンドレイジング先のキーワードでもあり中・長期的に協働するセクター、アクターかもしれません。

終了後ランチを頂きながら「Jinkochanのファンドレイジングは日本では大変、日本やアジアは人権が広がりません」と話すと「私でも難しい。人権はジェンダー、労働問題、紛争、移民、と幅広く難しい。」Jinkochanショック😢国連の先生でも難しい・・・人権は難しいならJinkochanはどうなのだろう?

気を取り直し、Jinkochanの音楽の話「平和をイメージした曲等が昨年は世界34位までランクインしたので、クラウドファンディングで1位を目指してます」と話すと「どこで聞ける?」と聞いて下さり名刺に書いてあるH.P.とお伝えし「PCのトップ画面に貼っておくね」☺️音楽は世界共通の言語。SDGsと一緒かな?いつかハートのキャラクターも世界共通のシンボルになればいいな💗

帰宅し、英会話仲間とon skypeで話している時、フィールドワークさせて頂き廃棄物問題もリサイクルも地球温暖化も繋がっているのだと気づきました😵

RECYCLE JINKO-CHAN in TEAM

TEAM is research team that focus on "rule" and "system formation" and it's "execution" in environmental field such as 3Rs.

0コメント

  • 1000 / 1000