【Jinkochanの人生日記】クラウドファンディングと就職編

みなさまこんばんは。一体Jinkochanは何を目指しているのか・・・😢ブログに記して再確認です。Jinkochanは、クラウドファンディングを開始し生活費のご支援を頂きながら

①米国インディーズサイトReverbNationで1位になるため「ハートキャラクター」の制作及び楽曲「Restart〜One World〜」と「Innovation I」の編曲、再レコーディング。

②チャート世界1位になるため(本日は70位台)日々浮かぶメロディーを正確に書き留めトラウマ治療中から書き留めている楽曲(15年分アルバム5枚ほど)を随時レコーディングしてチャートサイトにアップ。


③Jinkochanの夢の人権のプロジェクトを開始するため、人権と研究のムーブメントを起こすためのブログを書く。そのために国際人権NGOや平和NGOのボランティアを昨年に引き続き継続する。

④学位取得の学びを開始し、毎日文献に触れてどなたでも投稿できるアフリカの研究論文を仕上げ投稿する。

JInkochanは今はこれがやりたいです😢学位取得と申しましても、Jinkochanの場合は学部卒からになります。

PTSDーpost traumatick stress disorderーの治療を続けながら瀕死の状態で短期大学に通学するのがやっと、「体調さえ良ければ編入したかった」といつも思っておりました。そしてやっと元気になり、さあ人生これからだわ!と思っても学校に通学する資金もなければ、就職するためにはブランクがありすぎ書類で落とされ面接も受けられませんでした。

そして国内は相変わらずgender gapが埋まっておらず虐待のニュースは飛交い世界はテロだらけで大変なことになっており、Jinkochanは憤慨しました😤「人権の観点がとりいれられてないからよ‼️」と思っていたらたまたまアルバイトでご縁した研究機関に就職をしておりました(笑)「思い」の力の強さには本当に脱帽です。今は、思いが源なのだと理解ができます。「思い」の話は、世界1位になってから。

開発分野はせめて学部卒以上が世間の常識だと思いますが、規格外のJinkochanの意見やお話に誠実に耳を傾けて下さり就職という機会まで下さった先生方に、また温かく素敵なスタッフの方々にJinkochanはとても感銘を受けました。

だから今は少し大変でも、持ち出しのヴォランティアでも、いつか研究機関を、国際NGOを世界中にPRし皆様と一緒にお仕事ができる日を心待ちにして日々頑張れるのです☺️

そして、開発分野での登竜門であるファンドレイザー(資金調達)とともに世界に羽ばたいていくためには、まず音楽で世界1位になるしかないのです‼️

Jinkochanは、人権(環境・開発・ジェンダー等)のために世界中からファンドを調達できるようになりたいのです‼️

ファンドレイジングの手法の中でなぜクラウドファンディングを選んだのか、それはクラウドファンディングには「誰もが夢を叶えられ、生存するための権利を得られる可能性を秘めている」つまり、病気でブランクのある方も、犯罪履歴があり仕事ができない方も、移民の方も、子育て等でブランクのある方も、お年寄りの方、皆「平等」に夢を実現でき生存するための権利を得られるツールだと感じたからです。こんな素晴らしい文化は広報しなければ‼️そして、Jinkochanは寝ても冷めても「人権」が頭から離れません。だから、「人子ちゃん」なんてネーミングまで生まれたのでしょう(笑)「東京電力が電子ちゃんなら、人権は人子ちゃん、これからは人子ちゃんの時代」と昨年は先生にレポートさせて頂きましたが、今年は皆様にレポートさせて頂きます☺️

皆様、こんなJinkochanのクラウドファンディングの応援を是非宜しくお願い致します😢う〜ん、長文ですね。最後までおつきあい頂いた皆様にはありがとうございました☺️



RECYCLE JINKO-CHAN in TEAM

TEAM is research team that focus on "rule" and "system formation" and it's "execution" in environmental field such as 3Rs.

0コメント

  • 1000 / 1000